So-net無料ブログ作成
検索選択

№9 合格や不合格体験記   [合格体験記]

№9 北海道大学 経済学部2年 在籍

 新一年生のみなさん、こんにちは。
 私は、O高校に通ったのちに、北海道大学の経済学部に進学した者です。機会をいただいたので、少しばかり北海道大学の紹介をさせていただきます。

 まず、北海道大学は、生徒の数が果てしなく多いです。入学時は一クラス50人の50クラスが編成されます、つまり2500人近くの人が同学年にいるのです。四年生ないし院生も合わせると、相当数の人がいることは容易に想像していただけることでしょう。

 これだけ多くの人がいるということは、その数だけ出会いがあるということです。高校生や中学生までとは話が違います。住んでいるところも年齢もライフスタイルも違う、今までなら出会ったことのないような人とたくさん出会えます。サークルなどに入ればなおさらでしょう。大げさでもなんでもなく、そうした出会いは自分の世界を広げてくれます。

 また、当然それだけの人がいるのだから、敷地も広大です。自然も溢れています。有名なところだと、イチョウ並木やメインストリート…日々生活するところに緑が多く溢れているというのはとても気持ちのいいものです。また、敷地が広いので学校の中を移動するときは自転車を使います。毎朝自転車に乗って北大の中を駆け巡るのが非常に爽快です。

 そして学食です。北大の学食は、テレビでも取り上げられるくらいおいしいと有名です。しかも価格も安く、栄養バランスもよいです。お弁当を忘れた日や作れなかった日も安心です。

 最後に、授業について触れてみます。北大は、一年生のうちは一般教養といって、他学部の授業を受けることが出来ます。これは、自分の入った学科の専門知識だけではなく、広く浅くいろいろなことを学ぶ機会につながります。私は経済学部に所属していますが、法学部の授業も文学部の授業も受けることができました。最初から学科の専門のことしか学ばないと、知識も考え方も狭くなってしまう危険性があります。そうしたことを防ぐための、こうした授業の取り方は、非常に魅力的ではありませんか?

 また、みなさんは将来の夢は決まっているでしょうか。私が高校一年生の時、まだまだ将来、就きたい仕事は決まっていませんでした。そして、今も模索しています。ですが、北大にいると先にも述べたように、たくさんの出会いがあり、たくさんの学部の授業を受けることが出来ます。たくさんの世界に触れて、自分の知らなかった世界が広がったとき、将来の自分の財産になると私は思うのです。こうした授業形式は、実際に私の将来の職を考える時のために影響を与えてくれました。

 他にも北大には誇りに思う点が多々あります。ですが、このあたりでやめておきますので、ぜひ、一度来てみてください。体験授業などを受けていただければ、きっと北大の良さを体感していただけるかと思います。北大は、自分の未来を豊かにするための時間を過ごせる場所と言えるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: