So-net無料ブログ作成

結局は国語の要約力なんだ   [学習法]

要約する力が鍵になっている

01.jpg

 ご存じの通り、大学入試の問題は、大まかに、センター試験、国立大二次試験、私大一般入試に分かれます。どの試験も出題の大半は「長文読解問題」です。しかしながら、「センター」と「二次・私大」では、難易度が大きく異なっています。英検のレベルにすると、センターは英検2級レベル、二次・私大はだいたい英検準1級くらいのレベルの英文が用いられます。

 センター試験で用いられる英文の内容はそれほど難しくなく、日本語にすると中学生でも簡単に読めるような内容です。一方、二次・私大の問題では、学術論文や新聞記事、小説の抜粋などが使用され、語彙レベルも相当に高いものとなっています。日本語訳でも読めない生徒がいるほどです。

 センター試験のレベルであれば、一定の速度で正確に読めさえすれば、よほど論理力が劣っていない限りは正解することができます。しかしながら、二次・私大レベルはそう簡単にはいきません。

 特に難関大学と呼ばれる大学は、全体の要旨を把握したり、言外の意味を見抜いたりするような問題がよく出題されます。つまり、英語がただ読めるだけでなく、文章の論理を素早く正確に把握する力が同時に試されます。
p_01.jpg
トピックの見つけ方、英文の段落の構成法など 「抽象と具体」「トピックとサポート」「一般論で導入して逆接のあとで主張」「具体例で導入して結論でまとめる」「順接・逆接のマーカー」など。
それぞれのパラグラフの要約。パラグラフごとの要約。パッセージ全体の内容を100~150文字くらいで要約。こういう作業が普段から出来ているかどうかで、正答の安定度が変化する。

結局は国語の要約力なんだ。

present.jpg

・ 『安河内で自信をつける! 英語長文速読トレーニング Level 1 基礎力養成レベル』
・ 『安河内で自信をつける! 英語長文速読トレーニング Level 2 センターレベル』
発行: 旺文社/価格:各1,365 円(税込み)

リスニングと発音   [学習法]

安河内哲也の英語指導法強化塾
「第5回 リスニングと発音の指導」より抜粋


p_01.jpg

 実は私自身はリスニングが大変苦手でした。私が学生時代、受験ではリスニングテストはほとんどありませんでしたから、大学に合格したあとも授業の英語が聞き取れずに苦労しました。周りの帰国子女の友人達にアドバイスを求めても、ほとんどが「たくさん聞け」というものでした。そこで、FEN(現在のAFN)をつけっぱなしにして生活していましたが、結局雑音は雑音のままで、TOEFLテストの点数も少ししか伸びませんでした。

 そこで、日本で勉強を続けて、TOEFLテストで高得点を取っていた友人に相談したところ、「同じものを何度も聞け」というアドバイスをもらいました。そこで、実際に私がやってみた、精聴ディクテーション勉強法が以下の通りです。半年後にはTOEFLテストでもかなりの高得点をおさめる事ができました。以降、昔の私と同様にリスニングで困っている生徒には、この精聴学習法を実践させて、成果を出しています。

北大入試問題研究会(駿台予備校)   [学習法]

・どのような文が出題されたとしても客観的に筆者のイイタイコトを読み取ることができる力をつけること。

・全ての文に対して一貫した読み方ができるよう練習をする。

・対比構造の文章は北大では再頻出である。したがって対比関係に注目をして文章を読む練習を重ねなければならないが、感覚的に(なんとなく)対比を見るのではなく、根拠を持って対比に注目できるよう、また、比べられているもの(こと)にだけ注目するのではなく相違点にも注目をしながら読む練習をする。

・センターであっても北大であってもやるべきことは同じである。したがって、センターの問いを考えるときにまずは選択肢を見ずに記述をする(イイタイコトが読み取れていて問いと関連させることができれば答えは出てくるはずなので)というのも「読む力」「答える力」をつけるひとつの方法である。

・少ない字数に要素を入れる難しさ。東北大、東大を使って練習しよう。[北大対策]

読む 流れを見る 構造を見る

音読トレーニング   [学習法]

http://www.eiken.or.jp/eikentimes/yasukochi/index.html
安河内哲也の英語指導法強化塾
「第1回 英語教師の心構え」より後半抜粋

 第二言語の習得に関しては、様々な考え方があると思いますが、私自身は予備校時代の先生方、また大学での國弘正雄先生の講義で教わった、「音読を通じてのルールの自動化」という方法で自分の英語力と生徒の英語力を高めてきました。今では、一般的な日本人が英語をマスターするには、これが一番効果的な方法だと確信しています。

 言語能力をひとことで表現すると「反射神経」です。最終的にはこの「反射神経」つまり、4技能をピアノを弾くように使いこなすことが言語学習の目標です。しかし、昔から日本では、机で文献を研究したり、文法を解析したりすることが重要視されてきました。

 それは別に間違っているわけではないと思うのですが、時代が要請する英語力は「文法や知識を知っていること」ではなく「文法や知識を素早く使えること」に変わってきています。また、英語を「話す力」がかつてないほどに重要になっています。

 机で学んだ文法や知識を活性化し「反射神経」に転化するのが、ズバリ英語の「音読」です。音読を繰り返すことによって、文法を意識しなくても、正しい文法に従って英語を使いこなせるようにすることが大切なのです。

 ピアノに例えるとわかりやすいと思います。「楽譜(知識と理論)」は絶対に必要ですが、それを机で一生懸命おぼえているだけでは、ピアノコンクールでは勝てませんよね。何度も何度も鍵盤で理論を自動化する訓練をし、体に理屈をおぼえさせなければならないわけです。

 大学受験でも、英検でも、TOEICでも、そのような反射神経としての英語力や論理力が求められています。私たち英語教師は、「教える」という概念の大転換をする必要があると思います。私たちの仕事は、むしろスポーツのインストラクターに近く、音読トレーニングを積極的に授業の中に取り入れ、「楽譜評論家」ではなく、「ピアニスト」たちを世の中に送り出していくことなのです。

 この音読トレーニング教育を、中学・高校・塾・予備校にあまねく普及していただくことが、この連載をはじめ、私の執筆活動の目的でもあり、人生のミッションでもあります。共鳴いただける先生方は、すぐにでも授業の中に音読トレーニングを取り入れていただければと思います。よろしくお願いいたします。さて、次回からは、読解、文法、単語・熟語などに分野を絞り、具体的にどのようにして、音読トレーニングを授業の中に取り入れていくのか、その具体的な方法を説明させていただきたいと思います。お楽しみに。 
(STEP英語情報 2011年5・6月号より)

安河内哲也の英語指導法強化塾   [学習法]

下記のリンクですが、使えるかなと思います。英語教師側の方にですが・・・
安河内哲也の英語指導法強化塾 ここをクリック)
東進ハイスクールの人気講師である、安河内哲也先生による、英語指導方法強化のためのコーナーです。生徒の満足度を高めるための技能別の実践的指導法を紹介します。
そんなセリフの後に次のような内容が書かれてありました。ぜひ、ご覧下さい。思うに、教師なんて当てにしないで、自力でやるくらいの気概がなければ、難関大現役突破は難しい。

第5回 リスニングと発音の指導 (2012.02.01)
第4回 大学入試指導 (2011.12.01)
第3回 速読 (2011.10.01)
第2回 英文法 (2011.08.01)
第1回 英語教師の心構え (2011.06.01)

またまた結局は速読と単語力 DUO   [学習法]

(キムタツ先生のブログより)
結 局 は 速 読 と 単 語 力

単語で知らないものは確実に覚えましょう。それとその速度でちゃんと読めない人は読めるようになるまで、ストップウォッチ片手に頑張りましょう。

もう読み込んだなと思ったら次の問題集へ。それが終わったらさらに次へ。

センター試験までまだ2週間ありますので、それまでに数冊の問題集を速読してみてください。そして知らない単語や表現を徹底的に覚えてしまいましょう。

え?そんなにたくさん問題集がない?

書店さんに行ったらいっぱいあるよ。それから一度やった問題集を使ってもいいからね。むしろすでに一度やったもののほうがいいぐらい。

本をたくさん買うともったいない?

浪人したら1年に100万ぐらいかかるよ。そうならないために言うとるんや。そもそも本を買う金をケチるなよ。大学に入ったら本1冊数千円かかるぞ。

とにかくセンター試験で点数が取れないと入試もへったくれもないんやからな。必死のパッチで頑張ってくれ。
1 年 生 諸 君、始 め よ う。    

もうすぐ2年生、すぐに DUO を開始しましょう。もう早くはない時期です。
やっぱりこの教材を勧めます。


紹介と使用法の記事は、ここ
http://ben-bu242528.blog.so-net.ne.jp/archive/20110914

DUO.jpg

1年生も終盤なら始める。単語力が勝ち目の分かれ目だ。

また結局は速読と単語力 DUO   [学習法]

(キムタツ先生のブログより2)
結 局 は 速 読 と 単 語 力 2

皆さんは日本語の文章を速く読めますか。テクニックなんて関係ないのです。日本語をちゃんと速く読めますか。少なくとも人並みの速さで。

音読と同じ速度ででも、再読することなく読めるのであれば問題なし。

日本語でもかなりゆっくりしか読めない人。例えば薄い文庫本に3時間も4時間もかけてしまう人は、だいたいそもそも読む力がないのです。

今さらな感じがするかもしれませんが、そういう人は過去問をいくらやってもあまり意味がなくて、まずは読む練習からしたほうがいいと思います。

かといって、今さら『人間失格』あたりの薄い本を出してきて1時間半から2時間で読む練習をしても、それこそ泥縄になってしまいます。

そこでセンター試験用の簡単な読解問題集を買ってきて、解くというより読むという点に力点を置いて、どんどん読書を進めていってほしいのですね。

1冊に20題ぐらい載っているでしょうから、それを1時間とは言わないまでも、だいたい2~3時間ぐらいで読んでみてください。下線部があっても気にせずに。

1題を、長いものでも15分程度で。300語程度のものなら2分ぐらいで。

この訓練をすることで、かなり読むのが速くなります。

ただし知らない単語が出てきたらメモに書き出すことと、読みながら頭に入ってこない箇所があったら下線を引くなり付箋をつけるなりしてください。

そして後からじっくりと精読してみてください。

それから右手に鉛筆を持ってる人、スラッシュとかSやVなどの記号を書きたいシンドロームにかかっている人は、鉛筆を手から離してください。

1 年 生 諸 君、始 め よ う。    
もうすぐ2年生、すぐに DUO を開始しましょう。もう早くはない時期です。

やっぱりこの教材を勧めます。


紹介と使用法の記事は、ここ
http://ben-bu242528.blog.so-net.ne.jp/archive/20110914

DUO.jpg

1年生も終盤なら始める。単語力が勝ち目の分かれ目だ。

結局は速読と単語力 DUO   [学習法]

(キムタツ先生のブログより)
結 局 は 速 読 と 単 語 力
センター試験(英語=80分)で、高得点を取る生徒ってのは、だいたい40~60分ぐらいで解き終わるんやけど、要するに速読ができているってことなのです。

あの程度の文章をながながと読書しているようではアカンということです。
ではどうすれば速読できるようになるんでしょうね。

まず必要なのは絶対に単語の力です。単語力のない人は速読が絶対にできません。いろんなスキルを使ったとしても、スキャニングがどうだの、スキミングがどうだの言うてみても、単語力がない人は速読ができません。

そのうえで、文章をそもそも読み慣れていないと速読はできません。

1 年 生 諸 君、 始 め よ う。
もうすぐ2年生、すぐに DUO を開始しましょう。もう早くはない時期です。
やっぱりこの教材を勧めます。

紹介と使用法の記事は、ここ
http://ben-bu242528.blog.so-net.ne.jp/archive/20110914

DUO.jpg


1年生も終盤なら始める。単語力が勝ち目の分かれ目だ。

DUO DUO DUO   [学習法]

1年生諸君、始めよう。    

冬休みから DUO を開始しましょう。もう早くはない時期です。
やっぱりこの教材を勧めます。

紹介と使用法の記事は、ここ
http://ben-bu242528.blog.so-net.ne.jp/archive/20110914

DUO.jpg

1年生も終盤なら始める。単語力が勝ち目の分かれ目だ。

Best Books of 2011
Best Books of 2011 和書・洋書の年間ランキング発表  2011年間ランキング>ダイエット・料理・絵本・英語ほか  
Amazon で DUO 3.0(¥ 1,260)が、第1位に輝いていた。私の注文だけで40冊はいったので、ランキング入りには貢献している。

青チャートを3ヶ月で再び終了させる   [学習法]

青チャートⅠ+A〔ワイド版〕を2年進級までに終了させる

080823-3.jpg

数学Ⅰ 基本例題111題、それに続く練習111題
    重要例題19題(コンパスマーク3個以下のもの)、それに続く練習19題
    EXERCISESの難易度③以下のもの87題
    合計347題

数学A 基本例題93題。それに続く練習93題
    重要例題11題、それに続く練習11題
    EXERCISESの難易度③以下のもの54題
    合計262題

数学Ⅰ+数学A合計で609題です。

・ 平日は2題以上(問題の難易度によっては4題いける日もありますね)、休日は4以上です。

・ このペースを絶対に崩さなければ2年生になるまで1冊終了します。

・ まずは、1冊しっかり終わらすこと、あっちもこっちも手を出さない。

・ 次に、問題の解き方が重要。すぐに解法が見つからない場合、少なくとも5分以上考えること。そして解答解説を読んで構いませんが、納得できたら、自分で解答を最初から最後まで書き上げられるようにする。

・ 途中で解答の手が止まってしまったら、解説を読み直すこと。そこがよく理解できていなかったのですから、貴方にとって重要なポイントです。

・ 今度こそよく理解したと思ったら、もう一度、最初から最後まで答案を書き上げて1題終了です。

※ 残った、重要例題のコンパスマーク4個以上、EXERCISES難易度④以上のものは一冊終了   してから、2週目で解きましょう。